読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相対、絶対評価

まわりがやってないし、いいや。
・・・ってよくある。


ほんと、よくある。


周りがやってないことに安定を求めたり。
自分もそうだけど、まわりと同じだと、安心する。


ケースバイケースで、
仮にそれが宿題やら、仕事ととかにすると、


やっぱりあの人やってきてて(仕事きっちり)で、
さすがだなー。
って思う人がどこかしらにいる。


どこかしらにいるってのは、
周りがやってないからとかに振り回されないで、
自分に矢印が強く向いてるから気にしないんだ、
と思う。


だって、きっとそういうひとほど、
まだまだだって、すげー謙虚で、貪欲だし。


逆に冒頭で言ってる人は、
自分に矢印が向いていても、
周りに矢印を向けたら、けっこうおれも
だいじょぶじゃん、ってそのままにしちゃったり。


おれは、やっぱりどちらかといえば、
自分に強く矢印を向けていきたい。


んで、
自分を下と位置づけて、
上との相対を埋めていけたらいいなって思った。


なんとなく、帰り道に思い浮かんだことを
書いてみた。