読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

障害報告のテンプレ

開発の現場のバックナンバーに、運用・保守についての
特集が組まれてあったので、即購入。


参考になる内容は、多くあるが、今回は、障害報告について
述べようと思う。


運用業務では、障害発生時、必ず関係者(特に主管部門)に報告と、
障害報告書の作成を行う。
そのうち、障害報告書のフォーマット・媒体は、メール・word・excel等、
さまざまである。


私が特に、困ってしまうのは、障害内容のアウトラインと、
提出する報告書の種類と、その報告のタイミングである。


今までの認識の中では、
障害発生直後に障害報告(恒久対応含まない)、
障害対応発生→調査後に障害報告(真因・恒久対応含む)
の2種類かと認識していた。


先人の知恵を借りる気持ちで
開発の現場の特集「開発着手時からできるクレーム対策と初動対処の心得」
を読んだところ、障害報告書には3種類ある、と述べている。
3種類の報告書とアウトラインは、以下の通り。

  1. 障害暫定対策報告書
    • 発生日時
    • 指摘の現象
    • 原因
    • 暫定対策
    • 今後の予定
  2. 障害調査状況報告書
    • 発生日時
    • 指摘の現象
    • 調査状況
    • 今後の予定
  3. 障害対策結果報告書
    • 発生日時
    • 指摘の現象
    • 原因
    • 対策
    • 同件・類件の見直し結果
    • 再発防止策


今後は、障害報告を行う必要があるときは、この3段階の障害報告が
行えており、報告内容の項目として漏れがないかどうかをチェックしながら、
的確な報告と報告書を提供できるよう取り組めていけたらなと思う。


開発の現場 vol.007

開発の現場 vol.007