読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開発側とユーザ側

仕事

現在の案件は、立ち上げ段階からアサインされていたこともあって、
以外に、ユーザ側には、技術的に難しいこと、簡単なことが
伝わりにくいなー、と思った。

伝わりにくいのであれば、よりイメージしやすい
具体例で伝えれるとこまで、表現を変えていく必要がある。
そんなことを感じた一日だった。


まず、「ユーザ側に伝わりにくいなー」というのは、
語弊があるけれど、ユーザ側も、
この画面はそういうふうに実現するんですかー、って
納得(?)はしてくれてはいるものの、
開発者側と同じものをイメージできていないはず。


なんってたって、ユーザ側の人たちは、そういう開発を
やったことがないんだから。
同様に、ユーザ側からの要望もある程度のドメインとなる
知識を開発者側も身に付けていなければならないわけで・・・。


そもそも、
やったことのないことをイメージすること自体が難しいはず。
だからこそ、開発側へ発注するんだろけどね。


結局、その合意って自分たちがやったことないのを
無理やりイメージして出した結論だから、
以外に空中戦にもつれ込みやすいんだろうな。


内部での打ち合わせでもそうだけど、
図解とか、ホワイトボードに書いて説明とか、
同じイメージを見ながら話を進めていくのって、
ほんと重要だ。